新型コロナウイルス感染拡大下において、時限的に解禁されていていた初診からのオンライン診療ですが、恒久化に向けた動きが本格化しています。

厚生労働省は、オンライン診療による初診はかかりつけ医が担うことを原則としながら、患者状態の詳細を把握できる患者に対してはかかりつけ医以外でも診療を認める方針を出しました。一方で、診療報酬等、制度面での課題もあり、クリニック・診療所を経営する医師は、オンライン診療の導入や扱いに悩まれている方も少なくありません。

しかし、かかりつけ医としては患者が受診しやすい環境を整備していくことが今後の集患の鍵になっていくことは間違いありません。外来診療・オンライン診療が患者の希望や目的に応じて選択でき、医療機関側もシームレスな対応が実現でれきば、双方にとって理想ではないでしょうか。

本ウェビナーでは、オンライン診療の普及に取り組まれ、目黒区医師会理事でもある、医療法人社団法山会理事長 山下巌先生をゲストにお招きし、オンライン診療を含めた患者との関わり方についてお話を伺います。

これからのオンライン診療をどう考えるか

こんなことをお話いただきます!
  • 山下診療所でのオンライン診療と外来診療の両立
  • クリニックの集客導線における今後の課題
  • オンライン診療に関する制度的な見通し


医療法人法山会理事長の山下巌先生は、オンライン診療の健全な推進を図る会代表として、日本におけるオンライン診療の普及に努めていらっしゃいます。理想の医療現場を実現するためには、ICTに代表されテクノロジーを駆使し、多様な立場の人たちの連携、そして、各種システム間の連携を進めていくことが必要というお考えをお持ちです。オンライン診療をはじめ、積極的に各システムベンダーと意見交換されており、その幅広い知見から今後の地域医療のあり方、患者との関わり方についてお話しいただきます。

山下先生が現場で活用されているシステム

患者さんのスマホで自宅で詳細な問診を入力できるWEB問診。紙の問診票を受け渡しできないオンライン診療にも活用可能で、スムーズな診療を実現します。WEB問診内で外来・オンライン診療の診察方法の希望を確認することもできます。
いつでもどこでもスマホから診察・処方が受けられるオンライン診療サービス。予約・診察・決済・配送まで対応可能。直感的に操作しやすいインターフェイスで、医療機関が利用しやすい料金設定、安心のサポート体制を整えています。
いつでもどこでもスマホから診察・処方が受けられるオンライン診療サービス。予約・診察・決済・配送まで対応可能。直感的に操作しやすいインターフェイスで、医療機関が利用しやすい料金設定、安心のサポート体制を整えています。

概要

かかりつけ医として
これからの患者との関わり方を考える
ー患者と良い関係性をつくる外来診療とオンライン診療の両立ー

■ 開催日時
2021年7月29日(木) 19:30〜
■ 開催場所
オンライン視聴形式(Zoom)
※ご参加者様のお顔が画面に映ることはございません。
■ 対象
  • 医療機関経営者やスタッフ
  • 医療関連企業の担当者
    ※ 競合企業様のご参加はお断りさせていただきます。
■ 参加費
無料
■ 参加方法
事前申込み制
※ 運営の都合上、7月29日(木)正午にてお申込みを締め切らせていただきます。
■ 対象
  • 医療機関経営者やスタッフ
  • 医療関連企業の担当者
    ※ 競合企業様のご参加はお断りさせていただきます。

山下先生のご紹介

医療法人法山会 山下診療所 理事長
山下 巌 先生
東京大学医学部医学科卒、同大学院医学系研究科修了。医学博士。 東京大学医学部附属病院、癌研究会付属病院等を経て、平成20年より現職。

東京都医師会HOTプロジェクト委員会委員長、豊島区医師会理事、豊島区保健医療協議会委員などを歴任。医師会等の社会活動に貢献する傍ら、地域医療における多職種連携やオンライン診療の推進に力を入れている。
主な社会活動(現職のみ)
  • 目黒区医師会理事(2017年〜)
  • 全国医療介護連携ネットワーク副会長(2019年〜)https://ikairen.net/
  • オンライン診療の健全な推進を図る会代表(2020年~) 
  • 日本遠隔医療学会オンライン診療分科会(旧日本オンライン診療研究会)副会長
  • 日本耳鼻咽喉科学会  遠隔医療・オンライン診療ワーキンググループ委員(2020年~)
  • 全国医療介護連携ネットワーク副会長(2019年〜)https://ikairen.net/

スピーカーのご紹介

主催企業であるMICIN、および、メディアコンテンツファクトリーの各社代表がスピーカーとして登壇いたします。
株式会社MICIN
代表取締役CEO(医師)

原 聖吾

東京大学医学部卒、マッキンゼーを経て、当社を創業。医師。
厚生労働省「保健医療2035」事務局にて、2035年の日本における医療政策についての提言策定に従事した。横浜市立大学医学部非常勤講師。スタンフォードMBA。

株式会社メディアコンテンツファクトリー
代表取締役社長

毛塚 牧人

大阪大学人間科学部卒。コンサルティング会社マネージャー、医療系ベンチャー取締役兼営業本部長を経て、2008年より現職。 医療コミュニケーションを専門とし、WEB問診SymViewの企画・開発者。2020年度同サービスにてグッドデザイン賞受賞。現在は医療従事者・患者双方の視点で、SymViewに続く新規サービス開発に従事。

株式会社メディアコンテンツファクトリー
代表取締役社長

毛塚 牧人

大阪大学人間科学部卒。コンサルティング会社マネージャー、医療系ベンチャー取締役兼営業本部長を経て、2008年より現職。 医療コミュニケーションを専門とし、WEB問診SymViewの企画・開発者。2020年度同サービスにてグッドデザイン賞受賞。現在は医療従事者・患者双方の視点で、SymViewに続く新規サービス開発に従事。

ご参加の流れ

Step.1
お申込み

本ページのお申込みフォームに必要事項をご入力ください。
ご入力後、送信ボタンをクリックしてください。

Step.2
お申込み受付メールのご確認

フォーム送信後、事務局よりお申込み受付メールをお送りします。
メールが届かない場合は、事務局までお問合せください。
※メールの送信元:mcf@media-cf.co.jp

Step.3
ZoomURLのご案内

ウェビナー開催日の3日前にご参加用のURLをメールにてご案内します。
なお、当日の朝にもリマインドメールをお送りいたします。

Step.4
ご参加

ウェビナー開始のお時間までに、参加用URLにログインしてください。

Step.2
お申込み受付メールのご確認

フォーム送信後、事務局よりお申込み受付メールをお送りします。
メールが届かない場合は、事務局までお問合せください。
※メールの送信元:mcf@media-cf.co.jp

お申込み

参加お申込みは締切ました。
多数のお申込みをいただきありがとうございました。

運営の都合上、ご参加のお申込みは、ウェビナー当日の正午にて締め切らせていただきました。
ご参加をお申込みされた方で、ご連絡が必要な場合は、以下までお願いいたします。
■ メール mcf@media-cf.co.jp
■ 電話  080-3974-2841(運営事務局:岡田)

お問合せ先

主催・運営
株式会社MICIN
株式会社メディアコンテンツファクトリー





ウェビナーに関するお問合せ

ウェビナーに関するお問合せはメールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
mcf@media-cf.co.jp
2営業日以内にご返信を差し上げます。
事務局窓口のメディアコンテンツファクトリー社サイトからのお問合せも受け付けています。